戸塚区 戸塚区版

上矢部かもめ道路

地域力で安全な道路に

住民、企業、区が連携し整備 市初の取り組み

2011年4月14日号


 かもめ橋交差点から名瀬道路をつなぐ通称「かもめ道路」の整備が4月8日に終了した。区政推進課によると、全長約1Kmにわたる既成道路において、地域の住民や企業と公共機関が協力して整備にあたる取り組みは市内で初めてという。



 同道路は、上矢部小と名瀬小の通学路として使用されているが、歩道が未整備な上、周囲に工場がありトラックなど大型車両の交通量が多く、地域住民から問題視されていた。そこで2005年8月、地域住民や学校、企業が集まり「安全な生活道路づくり検討会」を発足。翌年4月から電柱の移設と路面のカラー舗装工事が開始された。

 今回の整備で、対象道路のアスファルトが全て打ち直されたほか、歩道156m、ガードレール27m、道路照明灯8基などが新設され、電柱も13本移設された。

 道路事業は通常、市が用地買収などをして行われるが、今回は区と地域住民らが協力して進められ、「かもめプロペラ」や「ブリヂストン」、「羽根沢ゴルフ」、マンション「ベルメゾン東戸塚管理組合」など6社・1組合と沿道の住民らが協力した。
 

「かもめ道路」の由来
「かもめ道路」とは、昭和38年に当社が現在地に移転した時に造成した道路のことで、その後生活道路として使用されるようになったため、横浜市へ寄付して市道となりましたが、「かもめ橋」とともに通称「かもめ道路」としてその名称が今でも残っています。